魚類

韓国料理でも大人気ヌタウナギは魚じゃない?

投稿日:

ヌタウナギ

まだ人間に知られていない場所としてよく挙げられるのが宇宙空間と、深海です。深海には奇妙な姿をしている生物が数多く生息しています。
そんな深海の奇妙な生物のひとつがヌタウナギです。細長い見た目はウナギに似ていますが、どこかグロテスクです。
今回はそんなヌタウナギについてご紹介していきたいと思います。

気持ち悪い見た目だけで美味な韓国料理のヌタウナギ

ヌタウナギは韓国料理でもおなじみ

冒頭でもご紹介した通りグロテスクな見た目をしている奇妙なヌタウナギですが、実は韓国料理としては専門店があるほど人気の食材なのです。韓国では「コムジャンオ」と呼ばれており、釜山のキジャン地域が有名です。ヌタウナギっはそのグロテスクな見た目から下賤な食材とみなされており、君主へ献上されることもありませんでした。
しかし、庶民にとっては貴重なたんぱく源として珍重されていました。
ヌタウナギの代表的な調理方はコチュジャン炒めです。内臓を抜いたぶつ切りのヌタウナギをニンニクなどの野菜とコチュジャン、ごま油で炒めるシンプルな料理です。魚やウナギというよりはタコのような強い弾力のある歯ごたえで独特のクセもあり、辛めの味付けは韓国焼酎にとても会うのだそうです。

ヌタウナギはウナギでも魚でもない生きた化石

ヌタウナギは恐竜以前から存在していた生きた化石

冒頭でも紹介した通りウナギによく似ている細長いフォルムからその名がつけられたのですが、実際にはウナギではありません。それどころか厳密に分類するとヌタウナギは魚でもなく、便宜上魚類の仲間に分類されている場合もありますが現在でも意見が分かれているという状況なのだそうです。
コイやマグロなど現生する魚のほとんどはカルシウムなど石灰質からなる硬い骨を持つ硬骨魚類とされています。一方でサメやエイなどは弾力性のある軟骨成分の骨からなる軟骨魚類に分類されています。軟骨魚類の登場は古く、恐竜の時代よりもはるかに古い4億年ほど前から地球上に存在する原始的生物でもあります。
実はヌタウナギはこの軟骨魚類の仲間よりも原始的な構造を持つ無顎類や円口類と呼ばれる生物に分類されています。
体のつくりも通常の魚類とは大きく異なり胸びれ、背びれ、ウロコもなく体は粘液でおおわれています。

ヌタウナギの構造と実は鋭い歯

ヌタウナギの生息する深海

ヌタウナギの体の構造をもう少し詳しく見てみると体長はおおむね60センチほど。上述のとおりウロコ、背びれ、胸びれはなく体には口と尾びれのみが確認できます。
無顎類と呼ばれる通りヌタウナギの口に歯顎が存在せず、口の中にある2本の突き出た舌の上に鋭い歯が2重に存在しています。
ただし、ヌタウナギはこの歯をエサを食べることに利用はせず、エサである死んだ魚から体液を皮膚の表面に空いている小さな穴から吸い取ります。
また、体の表面には目がついていません。かつては目が存在していたそうですが退化してしまい現在の姿では皮下に埋もれています。

アメリカの事故でも注目されたヌタウナギの粘液

ヌタウナギの名前にもあるぬた料理

ヌタウナギの最大の特徴は名前にもある通りヌタのような粘液を出すことではないでしょうか。
ヌタとは沼田(ぬた)の意味でぬるぬるした様子が泥のおおい沼田を連想されることからこの名がつけられたようです。日本の郷土料理のひとつ野菜などを酢味噌であえた「ぬたなます」も味噌がどろりとした沼田を連想することからヌタと呼ばれています。
ヌタウナギは外敵に襲われたなどの刺激により腹部の粘液腺から微細な繊維を多く含んだ粘液を出します。粘液は周囲の海水を吸って膨張し、大量の粘液を発生させたように見えるのです。
この粘液が原因でアメリカで前代未聞のトラブルを引き起こしたこともあります。
2017年にアメリカ・オレゴン州でアジアにヌタウナギを輸出するためのトラックが横転し、水槽で輸送されていたヌタウナギがハイウェイに投げ出されました。
この事故によりヌタウナギから発生された粘液が道路と周辺の車を覆い交通渋滞を引き起こすことになりました。
結局オレゴン州はこの粘液を除去するためにブルドーザーをも用いたほどだったそうです。

古代からほとんど姿を変えていない「生きた化石」であるヌタウナギ。魚類とはっきり言えないほど原始的な生き物ですが、その粘液は現代人を混乱させるポテンシャルを十分に秘めています。
現在、この粘液は化粧品などへの利用も検討されており、このグロテスクな生き物に注目が集まっているようです。

広告

広告

-魚類

執筆者:

関連記事

実は食べるとおいしいゴンズイとゴンズイ玉

堤防釣りをする方には同じみの魚のゴンズイ。日本の沿岸に広く生息するナマズの仲間です。非常に危険な毒を持つため、敬遠をされることも多いのですが、その味を求めて狙って釣る方もいるそうです。今回はゴンズイの …

古代か生存しているシーラカンスの名前の意味

生きた化石と呼ばれる動物はいくつかいますが、その代表ともいえるのはシーラカンスではないでしょうか。一時は太古の昔に絶滅したと考えられていたシーラカンスですが、現在も立派に生存を続けています。今回はそん …

死因は様々?最弱のうわさを持つマンボウの刺身

広い海には数多くの魚が生息していますが、多くの魚の中でも広く知られている魚のひとつがマンボウです。他の魚とは異なる変わったフォルムにとぼけた表情がなんとも愛らしいマンボウでは子供から大人まで人気の親し …

シンゴジラのモデルのラブカは地震を呼ぶ

人間にとって宇宙空間と同じくらい謎が多い深海ですが、実は様々な生物が生息しています。環境の変化が少ないことから古代から形態を変えていない生物も多数います。今回は古代からの姿を保ち続けている謎多きサメで …

強い顎に鋭い歯を持つピラニアの本当の姿

世界最大の流域面積を誇るアマゾン川。そこに生息するピラニアは日本人にもお馴染みの存在でしょう。世界にもまれに見る凶暴さでピラニアに襲われたが最期助かることはないというイメージを持つピラニアですが実際に …