哺乳類 森林に住む仲間 砂漠・草原に住む仲間

ゾウが暴れる理由は?執念深く恨みは一生忘れない

投稿日:2020年4月19日 更新日:

ゾウ

動物園でも1,2を争う人気を持つゾウ。大きな体でのんびり動く姿や童謡「ぞうさん」でのほのぼのとしたイメージから穏やかな性格だと思われがちですが、ゾウのが生息する地域では集落が襲われることも珍しくなく多数の死傷者もでています。

ゾウは気性が荒い暴れん坊

ゾウ

ゾウは大きく分類するとインドやインドネシア、タイなどのアジア地域に生息するものとアフリカ大陸に生息するものに分けられます。
アフリカに生息するアフリカゾウは最大で4メートル近く、牙は3メートル以上になるともいわれており、気性の粗さと巨大さから百獣の王といわれるライオンも容易に手出しができません。
ゾウの生息地では力の強さを生かして、人を乗せたりものを運ばせたるなどの利用がされていますが、そのほとんどが飼いならされたアジアゾウなのです。
アフリカゾウと比べるとやや小さいものの、アジアゾウの大きさは3メートルほどあり、野生の個体が現地の人を襲うことは珍しくないようです。
戦争の悲惨さを描き現在でも読み継がれている絵本「かわいそうなぞう」にも登場している上野動物園のオスのゾウ「ジョン」は「あばれんぼう」とされており、実際に飼育員を襲ったこともあったようです。
他にも日本の動物園でも2012年に静岡県の「富士サファリパーク」で飼育員がゾウに襲われて亡くなったことがありました。

オスのゾウが暴れるマスト

ゾウの気性が荒くなる原因のひとつに「マスト(ムスト)」という呼ばれる状態があります。
マストとはオスのゾウが発情期を迎えた際に大量の男性ホルモンが分泌される状態のことで、側頭部から液体が垂れたり頻尿になるといった様子になります。
その期間は普段と比べて気性が荒く攻撃的になり飼いならされたゾウでさえも人を襲うことがたびたびあるそうです。
上でも触れた上野動物園の「ジョン」はマストの時期には飼育員も苦労したという記録が残っています。
マストについて詳しいことはまだほとんど解明されていませんが、繁殖に密接な関係があるとされています。

ゾウは恨みを決して忘れない

ゾウ

ゾウは巨体にくわえて頭の良さを兼ね備えています。特に記憶力に優れており、自分や仲間にひどいことをした相手の顔を決して忘れません。
2007年にインドでとあるゾウがある男性と数人の村人に襲撃をされました。ゾウは象牙や尾などを切り落とされてしまったのですが、数週間後、逆に男性が複数のゾウに襲われる事件がありました。
男性を襲ったゾウは襲撃されたゾウと同じ群れに所属する仲間とみられ、ゾウは群れで襲い掛かり、男性を鼻で持ち上げ叩き落したのち、踏みつぶすなどしました。
ゾウの襲撃を受けたあとに残された男性の遺体は原型をとどめなかった程ひどい状態だったそうです。
ゾウは仲間が襲撃されてから、数週間のあいだ男性への復讐の機会を狙っており男性が一人になったタイミングを見計らって襲撃したとみられます。
ゾウはの復讐の被害はほかにも各地で確認されています。
ゾウを大切に飼育する業者が多い一方で、ゾウに対して虐待まがいの乱暴な扱いをするゾウ業者もいます。
ひどい扱いをされたゾウは飼育員に対して復讐をすることも多く、インドでは普段から乱暴な扱いをされたオスのゾウが転倒したのを見計らい、わざと男性の上に腰を下ろしました。
ゾウはなかなかその場を動かず、救出された男性は急いで病院に搬送されましたが帰らぬ人となりました。

ゾウは受けた恩も忘れない

ゾウ

ゾウは上述のとおりひどいことをされたことを決して忘れない執念深い一面があります。しかし、大切に飼育をしている人と、いちど信頼関係を結ぶとよく言いつけを守る賢さを見せてくれます。
特にゾウは巨体であるゆえに、少し動いた体が人にあたっただけでも大けがにつながってしまいます。
飼育員はそんなゾウと同じ空間で過ごす機会も多いのですが、無事に過ごせるのは固い信頼関係を結び、ゾウがよく言いつけを守っている証拠です。
また、タイにあるゾウの保護施設で、川で泳いでいる男性をおぼれていると勘違いしたゾウが助けに向かうという出来事がありました。この施設ではゾウと人間が固い絆で結ばれており、人間に恩返しをしたようです。

ゾウといえば大きくのんびりした印象が強いですが、実は意外な凶暴性や執念深さを持ち合わせています。ゾウに対する印象がガラリと変わったのではないでしょうか。一方で信頼関係を結んだ相手にはイメージ通りの心の優しく賢い様子も見せてくれます。ゾウの優しいというイメージは本当にゾウを愛している人たちによって築き上げられたものだったのでしょう。

広告

広告

-哺乳類, 森林に住む仲間, 砂漠・草原に住む仲間

執筆者:

関連記事

オカピ

未確認生物だった森の貴婦人オカピ

世界三大珍獣と呼ばれる動物をご存知でしょうか。「ジャイアントパンダ」、「コビトカバ」そして「オカピ」です。大ブームを巻き起こしたジャイアントパンダや日本人にもおなじみのカバの仲間であるコビトカバに比べ …

特徴的な角と足を持つ中国の珍獣ターキン

みなさんはターキンという動物をご存知でしょうか。牛のような見た目ですが、どことなく山羊のような雰囲気を持ち合わせる動物です。実はこのターキンは絶滅寸前でジャイアントパンダやトキなどと同じくらい希少な種 …

尻尾に注目!イボイノシシの特徴

ミュージカルでも大人気のディズニー映画「ライオンキング」若いライオンの「シンバ」が動物たちの王になるまでの大河物語です。そんなライオンキングでも人気が高いのはイボイノシシの「プンバァ」とミーアキャット …

自分の牙が頭に刺さる?珍獣バビルサが見られる動物園

動物に草食動物・肉食動物問わず牙を持つものが多く存在します。しかし多くの牙を持つ動物の中でもバビルサほど特徴的な牙を持つ動物はいないのでしょうか。この奇妙な見た目を持つバビルサは「死を見つめる動物」と …

アリクイに見えるツチブタは歯が特徴的で巣穴に暮らす?

NHKの人気番組「ダーウィンが来た」でも取り上げられ注目を浴びたツチブタですが、珍しい動物ゆえにまだまだ知名度も高くありません。名前から連想するのはブタですが、実物を見ると長い口はアリクイ、耳はウサギ …