哺乳類 森林に住む仲間

鳥のようなコウモリは料理にもなる?

投稿日:

コウモリ

昼間の空を自由に飛び回るのは鳥たちですが、夜の空を飛び回る生き物といえばコウモリです。
そのようなイメージからなんとなく不気味な印象を持たれているコウモリですが、実際のコウモリは怖い生き物なのでしょうか。今回は身近なですが、意外と知らないことも多いコウモリについてご紹介していきたいと思います。

鳥のようなコウモリは歩くのが苦手

コウモリ

翼を持つ体の見た目や、夜の空を飛ぶ姿からコウモリは鳥の仲間のように見えなくもありません。
コウモリは鳥の仲間なのでしょうか。
鳥の仲間は子供が卵から生まれます卵生ですが、コウモリは母親が子供を産み落とす胎生です。加えて母乳で子どもを育てることからコウモリは哺乳類に分類されています。
加えて、鳥の仲間は羽毛に覆われていますが、コウモリは翼に羽毛を持っていません。
鳥が空を飛ぶために様々な形態の羽毛を用いて浮き上がる揚力や前に進む推進力を作り出しており、羽毛を持つ翼は空を飛ぶのに欠かせない要素です。
一方でコウモリの翼は飛膜と呼ばれる伸縮性に富んだ膜で構成されており、この飛膜内の筋肉を細かく伸縮させることで空を飛ぶことができます。
空を飛ぶ姿をよく見かける、コウモリですが地面を歩く姿を見たという人はあまりいないのではないでしょうか。
コウモリは歩くことが苦手で後ろ足の筋肉は衰えているため、立ち上がることすらできません。ただし、ニュージーランドに生息するツギホコウモリと南アメリカ大陸に生息するナミチスイコウモリの2種類は地上を機敏に這うように歩き回ることができます。
歩くコウモリは非常に珍しく世界中に1000種類近く存在するといわれるコウモリのうちこの2種のみに見られる特徴です。

まるで吸血鬼?予想以上にデカい世界最大のコウモリと最小のコウモリ

オオコウモリ

上でも少し触れた通りコウモリの種類は大変多く、世界中に1000種類近くも存在しています。
そんなコウモリの3分の1がアジアに生息しており、世界最大のコウモリも世界最小のコウモリもアジア地域に生息しています。
世界最小のコウモリはタイ西部やミャンマーに生息する「キティブタバナコウモリ」です。キティブタバナコウモリは体長3センチほどで日本にも生息するトウキョウトガリネズミと並んで世界最小の哺乳類としても知られています。
世界最大のコウモリはフィリピンに生息するフィリピンオオコウモリで、翼を広げた大きさは2メートル近くにも達し、まるで人間が変装しているかのような印象を受けます。

危ない食べ物?コウモリのスープ

ハロウィンのコウモリ

夜の空を飛ぶ姿からどことなく不気味なイメージを持っているコウモリですが、広い地域で食用として親しまれています。食用のコウモリはオオコウモリの仲間であるフルーツコウモリが一般的で、アジアやアフリカではカレー料理として食されています。
中国や太平洋のミクロネシア連邦に属するパラオではコウモリをスープにして食します。中国ではコウモリは縁起物として考えられており、四川料理ではカを食べたコウモリの糞から未消化のカの目玉を取り出し、スープにした「夜明砂のスープ」は最高の珍味とされています。
パラオのコウモリのスープはコウモリがそのままの姿でスープに入っており強烈な姿をしております。
ただし、野生のコウモリは様々な感染症を媒介していると考えられており、欧米ではコウモリに咬まれたことで狂犬病を発症することも度々あります。
2020年にパラオのコウモリスープを食す動画が中国人の「ゲテモノ食い」として拡散され、新型コロナウィルスが流行する一因になったと炎上する事態が起きましたが、関連性は明らかになっていません。

世界中に生息しており、実は都会でも簡単に目にすることができるコウモリですが、種類や人々との関わりのなかで意外な一面も見えてきました。
街でコウモリを見かけた際にはそんなコウモリに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

-哺乳類, 森林に住む仲間

執筆者:

関連記事

ペットとしても注目のサルのようなキンカジュー

大きな目と丸い耳長いしっぽが特徴的なキンカジュー。木の上で主に生息する生態も含め、一見するとサルのようですが、実は意外な動物の仲間なのだそうです。今回はそんなキンカジューについてご紹介していきたいと思 …

ユニコーンにも見えるイッカクの角の秘密

北の海に生息する大きな角が特徴的な生物イッカク。広い海の中でもこのような特異な巣が他形をしている生物はほかにいません、今回はまだまだ謎が多いイッカクの角の秘密についてご紹介していきたいと思います。 イ …

自分の牙が頭に刺さる?珍獣バビルサが見られる動物園

動物に草食動物・肉食動物問わず牙を持つものが多く存在します。しかし多くの牙を持つ動物の中でもバビルサほど特徴的な牙を持つ動物はいないのでしょうか。この奇妙な見た目を持つバビルサは「死を見つめる動物」と …

童謡でも大人気のアイアイは怖いおサルさん?

日本から遠く離れた南の島に住む動物ですが、日本人にとってよく知られている動物がアイアイです。童謡「アイアイ」が子供番組で歌われることで広くその存在が知られるようになりました。なぜ、メジャーとも言えない …

生きた化石ツチブタは弱くておいしい?

ブタといわれていますがブタのようでブタではない、アリクイのように見えますがアリクイとはまた違う珍獣のツチブタ。今回は珍しい動物のツチブタと人間のかかわりや生態を紹介していきたいと思います。 アリクイに …