関連記事

たくさんの種類がいるキツツキが穴をあける理由

「はたらけどはたらけど猶わが暮らし楽にならざり」は歌集「一握の砂」の有名な一歌です。この詩を作ったのは日本を代表する歌人・石川啄木ですが、彼のペンネームの由来となっているのがキツツキです。 今回は日本 …

最強の繁殖力を持つオポッサム

一見すると大きなネズミのような姿をしていますが、実は立派な有袋類のオポッサム。オーストラリアに生息しているコアラやカンガルーの仲間なのですが、実はほかにない大きな特徴を秘めている動物でもあるのです。今 …

強い顎に鋭い歯を持つピラニアの本当の姿

世界最大の流域面積を誇るアマゾン川。そこに生息するピラニアは日本人にもお馴染みの存在でしょう。世界にもまれに見る凶暴さでピラニアに襲われたが最期助かることはないというイメージを持つピラニアですが実際に …

アノマロカリス大きくてスカイフィッシュに進化?

恐竜が姿を現すもう少し前の時代、地球のほとんどを海洋が覆いつくしていたころに様々な海洋生物が反映していました。 そんな時代を代表する生物がアノマロカリスです。今回は絶滅をしてから長い年月を経た現在でも …

赤ちゃんを運ぶコウノトリ

いつの時代も喜ばしい出来事といえば子宝に恵まれることではないでしょうか。古くから赤ちゃんを運んでくる鳥として有名なのがコウノトリです。 しかし、現在市のコウノトリの数が減り絶滅の危機に瀕しているようで …