哺乳類 森林に住む仲間 砂漠・草原に住む仲間

アメリバイソンの大きさとみられる動物園

投稿日:

アメリバイソン

広大なアメリカの大地に似合う野性味あふれる動物といえば、アメリバイソンではないでしょうか。アメリカの人々、特に先住民のネイティブアメリカンにとってもアメリバイソンは重要な存在だったようです。今回はそんなアメリバイソンについてご紹介していきたいと思います。

大陸最大級のアメリカバイソンの生息地

アメリバイソン

名前にアメリカの入っているアメリカバイソン。アメリカバッファローという別名もあるのですが、もちろんその生息地はアメリカ合衆国中西部です。ほかにもカナダの西部に生息しています。特にロッキー山系東方に広がる大平原グレートプレーンズを象徴する動物がアメリバイソンで、西部開拓時代には6000万頭もの個体が生息していたといわれています。ただし、イエローストーン公園とウッドバッファロー公園を除いて野生個体群は絶滅してしまっており、保護活動によって増やされた個体を野生に復帰させる取り組みがなされています。
広大な大地に生息するアメリカバイソンは大きさも圧倒的です。肩までの高さは1.5メートルから2メートル。体長は2メートルから3.5メートル。体重は900キロほどでオスの大型のものでは1400キロにもなるといわれ、北アメリカ大陸に生息する動物の中で最重量を誇ります。

アメリカバイソンはネイティブアメリカンに欠かせない存在

アメリバイソンはアメリカを代表する動物

アメリカバイソンが数多く生息していたグレートプレーンズにもネイティブアメリカンの人々は生活していました。
ネイティブアメリカンの生活にとってアメリカバイソンの存在は欠かすことのできないものでした。
ネイティブアメリカンの経済活動はアメリカバイソンの狩猟に依存しており、その肉は食用に毛皮は衣服やテント、骨は矢じりに活用するなど余すことなく活用されていました。
巨体を持つアメリカバイソンの狩猟は一筋縄ではいかなかったようで弓矢で群れを追い込み崖の下へ落とすという狩猟方法をとっていました。

絶滅の危機から復活をしたアメリカバイソン

アメリバイソン

上で触れましたが、かつてグレートプレーンズに6000万頭もの個体数が存在していたアメリカバイソンですが、野生の個体群が生息するのはイエローストーン公園とウッドバッファロー公園のみとなっています。
アメリカバイソンの個体数が減少した理由は人間による狩猟が原因です。19世紀半ばにはいり入植してきた開拓者が食用やハンティングを目的に乱獲されたほか、アメリカ政府に抵抗していたネイティブアメリカンを入植者の統治下に組み込むため、生活の基盤となっていたアメリバイソンが徹底的に駆除されました。
1902年にはイエローストーン公園の個体数は20頭ほどまでに落ち込みましたが1905年にアメリカバイソン協会が発足されるなど保護活動が行われたことや繫殖力の旺盛さにより個体数は回復しています。

アメリカバイソンの性格とみられる動物園

アメリバイソン

900キロもの巨体を持つアメリカバイソンですが、その性格は臆病でおとなしい性格で、人間に対しても警戒心が強いようです。また、巨体にも関わらず脚力に優れており、走るスピードは時速65キロにも達し垂直飛びで1.8メートルもの高さをジャンプすることができます。
そんなアメリバイソンですが日本でも多くの動物園で姿を見ることができ、北海道でのおびひろ動物園、東北では盛岡市動物園や岩手サファリパーク、関東では上野動物園や群馬サファリパーク、東海は東山動物園。関西・中国地方では兵庫県の姫路セントラルパークや岡山県の池田動物園。九州では大分県の九州自然動物公園や宮崎県のフェニックス自然動物園など全国でその姿を見ることができます。
なんといっても、静岡県では日本平動物園をはじめ富士サファリパーク、浜松動物園と県内3つの動物園で飼育されています。

2016年に当時の大統領バラク・オバマはアメリバイソンを国の哺乳類に指定するバイソン遺産法を制定しました。
名前の中にアメリカを持つアメリカバイソンはよくも悪くもアメリカの歴史を体現する生き物だったのではないでしょうか。

広告

広告

-哺乳類, 森林に住む仲間, 砂漠・草原に住む仲間

執筆者:

関連記事

キリンは首の骨も長い?キリンの意外な秘密

キリンといえば独特の模様に長い首という特徴は他の動物にはないものです。キリンはなぜこんな特異な進化を遂げたのでしょうか。キリンの首の意外な秘密とともにご紹介していきたいと思います。 Contents1 …

キリンビールでおなじみのキリンでも動物園のキリンとちがう?

暑い夏の季節といえば、枝豆にビルを連想する方も多いのではないでしょうか。近頃ではクラフトビールなどが注目されている一方で、大手のメーカーで販売されているビールの人気も揺るぎません。そんな日本のビール業 …

水族館でも人気!瀬戸内海の象徴スナメリ

水族館でおなじみのイルカ。賢いうえに愛らしい見た目でまさに水族館を代表するスターです。 そんなイルカの仲間のなかでも日本近海に生息する代表的な種がスナメリです。今回は日本人にも愛されているスナメリにつ …

尻尾に注目!イボイノシシの特徴

ミュージカルでも大人気のディズニー映画「ライオンキング」若いライオンの「シンバ」が動物たちの王になるまでの大河物語です。そんなライオンキングでも人気が高いのはイボイノシシの「プンバァ」とミーアキャット …

オタリアは頭のいいシーライオン

新江ノ島水族館にサンシャイン水族館、八景島シーパラダイスなど日本には多くの水族館がありますが、そこでよく見ることができる動物がオタリアではないでしょうか。 今回はユーモラスな仕草で水族館のショーでも活 …